キャッシング審査の内容はコレだ!

MENU

審査通過の総合的な判断について

【難易度の低いキャッシングを選択する】

審査通過

これが一番大事なポイントです。つまりキャッシング会社には難易度が高いところがあり、難易度の低い場所があります。キャッシングは一種ではありません。

まず銀行カードローンがあり、銀行系カードローンがあり、独立系消費者金融があります。無論一番難易度が高い場所が銀行カードローンであり、銀行カードローンは利息が低い為に、難易度が高くても挑戦する意味はあります。
次に注目は銀行系カードローンですが、この区別がつかないという人もいるようなので説明します。銀行系カードローンとは、以前独立消費者金融だった会社です。銀行と手を繋ぎ、独立系消費者金融よりは難易度が高くなったものの、銀行カードローンよりは難易度は下です。

 

【独立系消費者金融狙い】

銀行系消費者金融にも審査落ちしたら、残された方法は独立系消費者金融狙いです。依然そこは、銀行に依存せずに頑張っている会社です。一番審査に通過しやすい場所ですが、ただし、利息が高めというデメリットがあります。しかし、お金が突然必要になった場合は利息に妥協する必要もあるのではないでしょうか。

 

【どうしても審査に通過したい】

方法はまだまだあります。先ず焦らないこと。お金が欲しいからとネットでいろいろ複数申し込みなどしてしまうと、その情報はしっかり信用情報機関に残ります。消費者金融会社は、あなたがお金をどうしても借りたいと焦っているのを見て、決して印象良く貸し出ししてくれるはずはありません。焦っている人は得てして返済計画をたてることの出来ない人たちなのです。

 

【少額借り入れを目標に】

消費者金融では、高額を希望すれば審査にパスしなかったけど、少額ならOKだったというケースも頻繁に起こります。だから、ここでも欲張りは禁物と言えます。10万円程度であれば、楽に審査を通過する会社はたくさんあります。

 

【与信がひっかかっている】

そして、最後にこの話しをして起きます。私達はクレジットカードなどキャッシング機能が付帯しているものを既に多く持っているのが現状なのです。
あのキャッシングカードの審査に通過したいと思うのなら、身の回りのチェックをしましょう。それは、キャッシング残高のことではなくて、与信額のことです。要らないカードがあれば処分する、与信を減額する姿勢で、あのキャッシング会社の審査も難なく通過します。